会社案内

社長のご挨拶

社長のご挨拶

吉田硝子社長写真大正13年、創業者の吉田紀十郎がガラス容器販売を始めて以来、
当社は90年の歴史を重ねました。

この間、激しい世の中の移り変わりの中に、"容器メーカーひとすじ"の精神を貫き、
全社員の結束と、お取引先様のご支援により、堅実経営を続けてまいりました。

長い歴史の中に培われた、ものづくりへの情熱と技術、
同じ情熱をもった多くの人々との深いネットワークは私共の宝です。

私共は、ガラスとプラスチック、それぞれの特性を生かした
容器づくりのエキスパートと自負しております。

容器づくりの上で、全社員が心がけていることは、次の点であります。


1. 安心、機能性、美しさ

 毎日お使いになるお客様にとって、使い心地が良く、安心・安全で、使って楽しい、
 美しい容器を提供し続けたいと願っております。

2. 容器のもつ物語性

 容器の中に入れる大切な商材(中身)をきちんと保護すると同時に、引き立てることのできる、
 物語ることのできる容器をめざしております。

3. 社会的責任(環境、技術)

 容器をご提供する立場として、社会的な責任を感じております。
 環境への配慮、素材の研究、機能性の追及、加飾技術など、あらゆる新情報を取り入れ、
 お客様にとって魅力のある、高品質の容器提供に努めてまいります。

 夢のある美しい容器づくりを通じて、更にお客様との信頼関係を深め、
 社会に貢献する為に精進してまいりたいと思います。
代表取締役社長 吉田一成

経営理念

経営理念

1. 私共の使命

 夢のある、いい容器作りを通じて、人々の生活に役立ち、より豊かに楽しむお手伝いをする。

2. 私共の価値観

 和を持って結束し、誠意・熱意・創意を信条として社会に貢献する。
 常に感謝の心を持つ。(お取引先に、共に働く人に、家族に・・)

3. 私共のビジョン

 材質・デザイン・機能性を追及し、品質に優れ環境にやさしい安心・安全な
 化粧品容器、及び、健康食品容器を提供し続ける。




会社概要

会社概要

              
会社名 吉田硝子株式会社 会社概要の製品写真
代表者 代表取締役社長 吉田一成
(東京硝子製品協同組合 相談役)
所在地 本社/〒130-0002
東京都墨田区業平4丁目8番地3号 (Map)
(本社地図PDF)
TEL: 03-3625-5641(代)
FAX: 03-3623-9516

物流センター/〒341-0037
埼玉県三郷市高洲2丁目436
(物流センター地図PDF)
TEL: 048-956-1511
FAX: 048-956-1526
事業内容 化粧品容器、及び健康食品容器(ガラス瓶・プラスチック容器)の企画・製造・加工・販売
設立年月日 昭和22年9月1日(創業大正13年)
資本金 20,000,000円
主要取引先 一流化粧品メーカー等200社
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 常陽銀行


吉田硝子の歴史

吉田硝子の歴史

大正13年 吉田硝子壜店を創業。化粧瓶、製薬瓶を主体に販売を始める。(東京、亀戸)
昭和12年 (有)吉田硝子瓶店に組織変更。
昭和22年 吉田硝子株式会社に組織変更。本社を現在地に移し、企業の体制を整える。
昭和27年 クリスタルガラスの輸出を始める。輸出貢献企業として数次にわたり通産大臣の認定を受けた。
昭和28年 包装容器関連事業の多角化を図るため、千代田化学㈱を設立。インフレーション成形(各種フィルムの製造・加工)、圧空・真空成形(食品用軽量容器)、ブロー・インジェクション成形(各種容器製造)を行う。
昭和49年 現在地に吉田ビルを建設。吉田硝子(株)本社とする。
昭和50年 販売を国内に集中し、化粧品容器、健康食品容器を主体とする。顧客先のニーズに対応するため設計・デザイン室を設けると共に、製品検査体制を整え、品質向上に努める。
平成元年 千代田化学㈱創立35周年を記念して、茂原工場を開設。
平成9年 金町物流センター開設
平成21年 吉田硝子㈱創立85周年

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

吉田硝子株式会社(以下「当社」といいます)が運営する本サービスは、お客様のプライバシーを尊重いたします。


続きを見る



1ページ戻る
ページTOPに戻る